スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

助成金情報です 

おはようございます。
快晴の気持ちよい朝ですね!
そろそろ忘年会シーズンですが、体調管理には気をつけましょう。

NIKKEI NET 10月29日
職業訓練中も企業が雇用・若年雇用で厚労省が制度見直し 
厚生労働省は若年層の就業支援策を見直す方針を固めた。職業訓練のための通学と企業での実習を一体にした支援制度について、企業が訓練生を一定期間、雇い入れることを前提とする。
<中略>
新制度案は企業が訓練生を2年程度、雇用することを条件にする。技能を習得する期間も企業が賃金を支払い、専修学校などへの通学費用は個人が負担する。訓練生を雇い入れた企業には助成金を支払う。訓練期間が終わった後、企業が正式に雇用するかどうかを判断する。
-----------------------------------------------------------------

この制度は、フリーター増加やニート対策として、働きながら学ぶ若者を雇った会社に、国が助成金を払うということです。
働きながら学ぶ制度自体は、ドイツの『デュアルシステム』を参考に、昨年から始まっていますが、より多くの会社に職業訓練生を雇ってもらうために、助成金制度が作られました。

スポンサーサイト

[2005/11/30 10:01] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。