スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

労働紛争相談が過去最多 

おはようございます。
週末にかけて雨がふる地域が多いそうです。
このまま梅雨になってしまうのでしょうか。

asahi.com 5月25日
05年度の労働紛争相談、過去最多の17万6千件

解雇や賃金カットなど05年度に全国の労働局に寄せられた労働紛争の相談が、前年度比10.2%増の17万6429件で、過去最多となったことが25日、厚生労働省のまとめでわかった。特に派遣や契約社員からの相談が増え、景気回復の一方、非正社員を中心とした雇用環境の改善の遅れが浮き彫りになった。

内訳は、「解雇」が26.1%で前年度に続き最も多く、次いで、賃金カットなどの「労働条件の引き下げ」が14.0%、「いじめ・嫌がらせ」が8.9%、「退職勧奨」が7.2%だった。

就業形態別では、正社員が51.0%と約半数を占めたが、02年度より2.6ポイント減。逆に非正社員が増え、特に派遣・契約社員は02年度の6672件から05年度は2万件に迫る勢いで、全体に占める割合も6.5%から11.3%に倍増した。

労働局長の助言や指導を求めたのは計6369件で、前年度比20.5%増。会社の規模別では、10~49人が32.5%、10人未満が23.9%と50人未満で過半数を占めた。

労働者個人と会社の間に労働局が入り、話し合いでトラブルの解決を促す「個別紛争解決制度」が01年10月にスタートしてから、相談は右肩上がりで増えている。

-----------------------------------------------------------------

インターネットの普及にともない、専門書を見なくても労働関係の知識を得られるようになっています。
労使間のトラブルを未然に防ぐためにも、法令順守が必要となっています。


[2006/05/26 08:45] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/112-dd4615d0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。