スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

労働ルール改正検討、労政審分科会が中断 

おはようございます。

昨日、JRに乗ろうとして『スイカ』を出そうとしたら、無くなってました。
自宅に帰って探しましたが、ありませんでした…。
チャージ額は、1,500円位だったので、少しショックです。
ちなみに、JR西日本では『イコカ』なんですよね。

NIKKEI NET 6月27日
労働ルール改正検討、労政審分科会が中断

「労働契約法」の制定など労働ルールの改正を検討している労働政策審議会労働条件分科会(分科会長、西村健一郎京大大学院教授)が27日開かれ、厚生労働省の素案に労使双方が反対意見を表明した。分科会はそのまま閉会し、協議は中断した。次回の開催日程は未定だという。

 
厚労省の素案は採用や解雇のルールなどを明示する労働契約法の新設や、一定時間以上の残業代の割り増しなどの労働基準法改正案を盛り込んでいる。この日の分科会では企業側の代表が「素案は労使のこれまでの議論を十分反映していない」などと議論継続に不満を表明。労働者側も話し合いの中断を求め分科会長が一時中断を決めた。

新しい労働ルール案については、当初、7月に中間取りまとめをし、来年の通常国会に関連法案を提出する予定だった。今後の議論の進め方や素案の取り扱いなどについては「分科会長と相談して決める」(労働基準局監督課)という。

-------------------------------------------------
労働契約法とは、労働基準法で決められていない民事上のルールを定める法律です。
「解雇の金銭解決制度」や「有期労働契約をめぐるルールの明確化」など、まだまだ議論が必要なようです。

厚生労働省の素案
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/04/s0411-2a.html








[2006/06/28 08:35] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/133-c2eadf24











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。