スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

未払い賃金の立て替え、7年ぶり200億円下回る 

おはようございます。
先日疑問に思ったことがあったので調べてみました。
「歩道を歩くときは、歩道の右側を歩くものか?」
車は左側通行、人は右側通行と聞いたことがありますが…。

道路交通法によると、車道と歩道の区別がない道路では、「歩行者は道路の右側端を歩かなければならない。」とあります。

車道と歩道の区別がある所では、歩道の右側を歩く義務はないようです。
実際、歩道を歩いている人は無意識に?左側を歩いていると思います。

NIKKEI NET 8月9日
未払い賃金の立て替え、7年ぶり200億円下回る 
企業の倒産で賃金が受け取れなかった労働者に国が未払い分を立て替える制度で、2005年度の立て替え払いの総額は前年度比3割減の184億円となり、7年ぶりに200億円を下回ったことが9日、厚生労働省の調査で分かった。賃金水準の高い大企業の倒産が減ったためとみられる。

 
未払い賃金立て替え払い制度は1976年度から始まり、労災保険が財源。倒産時に賃金や退職金の未払い分があった場合、労働基準監督署に認定されれば、労働者健康福祉機構(川崎市)を通じて8割を上限に未払い金を給付される。45歳以上の限度額は296万円。

----------------------------------------------
会社の倒産が減ったことで、未払い賃金の立替払い額も減ったという記事です。景気が上向きになっていることが理由だと考えます。


[2006/08/10 08:36] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/156-ff453eea











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。