スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪労働局、「偽装請負」で初の事業停止命令 

おはようございます。

先日、3店舗の居酒屋を経営する社長のセミナーを受けてきました。
その社長自身も、セミナーを受けることが好きなようで、成功する為のキーワードをたくさん聞くことができました。
もっとも印象に残った言葉は、「いつも笑顔でいる」です。
「笑顔で明るい所へは人は寄ってくるが、暗い所へは人は近づかない」ということです。
皆様も実践してみてはいかかでしょうか。

NIKKEI NET 10月3日
大阪労働局、「偽装請負」で初の事業停止命令 
実態は労働者派遣なのに派遣元が業務管理の責任を負わず請負業務を装う「偽装請負」を繰り返していたとして、大阪労働局は3日、業務請負大手「クリスタル」グループの中核会社「コラボレート」(大阪市)に対し、労働者派遣法に基づき事業停止命令を出した。偽装請負を理由にした事業停止命令は全国初。

 
同局によると、コラボ社は今年8月までの数年間、姫路営業所(兵庫県姫路市)で同県加古川市のメーカーから製造業務を請け負い自社の労働者を工場に派遣した。しかし、コラボ社が作業の指揮や労務管理などの責任を負わず、正式の派遣契約を結ばないままメーカー側に丸投げしていた。

 労働者派遣法は請負会社が人材だけを派遣し、派遣先に労務管理を委ねることを禁じている。コラボ社はこれに違反したうえ、今年5月、労働局に事実と異なる業務内容を記載した報告書を提出。その後の行政指導にも従わず、偽装請負を繰り返したことから、同局は初の事業停止処分に踏み切った。

[2006/10/05 07:47] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/179-f0eef799











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。