スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年金見込額、ポイント通知と実額通知の2段階で 

おはようございます。
今日の東京は、湿度が低く気持ちの良い天気です。

NIKKEI NET 10月9日
年金見込額、ポイント通知と実額通知の2段階で・厚労省 
社会保険庁は国民、厚生両年金の支給見込み額を通知する「ポイント制」について、50歳超の加入者には実額を、50歳未満には保険料納付実績を反映したポイントのみを年1回郵送で知らせる方向で検討に入った。将来受け取る年金額を把握しやすくするのが狙い。50歳未満は加入者がポイントをもとに簡易試算できるようにする。2008年4月の導入を前倒しすることも検討する。



通知の仕組みを50歳で分けたのは、収入の変動が大きい若年層は見込み額と実際に受け取る年金額が乖離(かいり)しやすく、加入者に誤解を生む恐れがあると判断したため。50歳未満の加入者には保険料納付実績を反映したポイントだけを通知し、ホームページで提供している年金額簡易試算サービスなどの併用を呼び掛ける考えだ。


[2006/10/11 09:09] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/181-f9aa3331











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。