スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アクセス記録で労災認定・遺族の申請認める 

おはようございます。
今日から、携帯電話の番号ポータビリティが始まりました。
最近では、ワードやエクセルといったソフトが搭載されているパソコンのような携帯もあるようです。
昨日、ソフトバンクが新料金プランを発表したようで、携帯電話各社の熾烈をきわめる商戦はしばらく続きそうですね。

NIKKEI NET 10月21日
アクセス記録で労災認定・遺族の申請認める

電車内で倒れ死亡した東京都内の男性=(当時42)=について、八王子労働基準監督署がパソコンの接続記録を基に長時間労働を認め、労災認定していたことが21日分かった。遺族の代理人の弁護士が明らかにした。


男性の労働時間を証明する資料を会社側が示さなかったため、遺族側は東京地裁八王子支部に労働時間についての証拠保全を申請。これが認められ、男性がパソコンで同社のコンピューターサーバーにアクセスした時間やメールの送信時間、文書ファイルの更新時間などが判明したという。〔共同〕

----------------------------------------------------
長時間労働が、長期間にわたって続くと、脳・心臓疾患を発症する可能性が高くなります。
下記のホームページに詳しい内容が記載されています。ご参考まで。
和歌山労働局HP
http://www.wakayama.plb.go.jp/rousai/rousai03.html

[2006/10/24 08:51] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/185-eb326e83











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。