スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自由度高い労働時間制、条件付き導入案提示へ 

おはようございます。
最近、ランチにカレーをよく食べます。
よく行くお店は、リトルスプーンという所です。
リトルスプーンHP
http://www.little-spoon.com/
家庭で作った愛情たっぷりのカレーを目指しているようで、とても美味しいです。
一度食べれば、また行きたくなる味は、素晴らしい。

NIKKEI NET 11月9日
自由度高い労働時間制、条件付き導入案提示へ・厚労省 

厚生労働省は10日に開く労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で、労働時間規制を大幅に緩和する「自律的労働時間制度」について健康管理強化などを条件に導入する案を提示する。「労働強化につながる」とする労働組合側にも配慮しながら、多様な働き方に対応できる制度をつくるのが狙い。厚労省は来年の通常国会で関連法案を提出する方向で調整する。

今回、厚労省は論点整理という形で自律的労働時間制度などを導入する案を示す。新制度導入を目指すのは、IT(情報技術)化の進展などを背景に労働時間とそうでない時間の境界があいまいな働き方が増えていることが背景。労働時間の上限などを定め、時間に比例して賃金を支払うことが前提の現行の労働基準法の原則を変更し、多様な働き方に柔軟に対応できる仕組みを目指す。

-----------------------------------------------------
現在の法律では、原則として働いた時間に応じた賃金を支払うことを、会社に義務付けています。
一部例外としては、実際に働いた時間ではなく、あらかじめ定めた時間働いたものとみなす『裁量労働制』があります。


[2006/11/09 08:21] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/191-6415356f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。