スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

改正雇用保険法、施行10日以上ずれ込み 

おはようございます。
東京では桜が満開となりましたね。
自宅の前には、隠れた桜の名所なる公園があり、今日も朝から場所取りをされていました。

NIKKEI NET 3月30日
改正雇用保険法、施行10日以上ずれ込み・厚労省が資料配布ミス
 
失業手当向けの保険料率引き下げを盛り込んだ改正雇用保険法の成立が4月11日以降にずれ込む見通しとなった。本来は29日午前の参院厚生労働委員会で採決し、夕方の参院本会議で成立する予定だった。だが厚生労働省の資料配布ミスに野党側が猛反発し審議ができなかった。厚労省は4月1日を予定していた施行日を凡ミスで変更せざるを得ず、担当幹部の処分を検討中だ。


厚労省は28日夜、成立前の雇用保険法改正ポイントの資料を「本日、可決成立した」と記し、議員会館に誤って配布。野党は「国会軽視だ」と反発し、29日午前の審議ができなかった。午後、柳沢伯夫厚労相が「立法府の威厳を著しく傷つけた」と謝罪。委員会は再開したが法案審議は先送りされた。

---------------------------------------------------
平成19年4月より、雇用保険料が安くなる予定です。
具体的には一般の会社の場合、会社負担分が賃金の0.9%(現行1.15%)、社員負担分が賃金の0.6%(現行0.8%)となります。

たとえば、賃金額が300,000円の社員の場合、3月までの雇用保険料は、会社負担分が3,450円、本人負担分が2,400円でしたが、4月からは会社負担分が2,700円、本人負担分が1,800円になります。
[2007/03/30 08:13] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。