スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

企業で正社員などの不足感続く 

おはようございます。
景気回復にともなう、人材の積極採用に関する記事です。

NIKKEI NET 6月12日
企業で正社員などの不足感続く・5月の労働経済動向調査 

厚生労働省が12日発表した5月の労働経済動向調査で、正社員など常用労働者が「不足」と答えた企業の割合から「過剰」と答えた割合を引いた過不足判断指数(DI)は全産業でプラス26だった。過去最高だった2月の前回調査(プラス29)を3ポイント下回ったが、依然として正社員を中心に企業の人材不足感が根強い。


過不足判断DIはプラスが大きくなるほど不足感が高まっていることを示す。産業別では飲食店・宿泊業や情報通信業、運輸業で特に不足感が強い。一方、パート労働者の過不足判断DIはプラス26で前回と横ばい。

また2008年度の新規学卒者の採用計画を聞いたところ「バブル期並みの採用人数の多さ」といわれた今春よりさらに積み増すと答えた企業が多かった。




[2007/06/13 08:15] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。