スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社保庁職員、15億円弱返納 

おはようございます。
10月は衣替えの季節といわれていますが、私は暑がりなもので、毎年、夏物のスーツを11月中旬まで使っています。
皆様は、衣替えされましたか?

NIKKEI NET 10月2日
社保庁職員、15億円弱返納・1万8000人応じる、対象者の84%
社会保険庁は1日、公的年金の記録漏れ問題の「けじめ」として職員とOBに今夏の賞与返納や寄付を求めていた件で、対象者のうち84%の約1万8000人が返納に応じたことを明らかにした。返納総額は15億円弱になる。

社保庁は6月下旬に全職員に賞与の自主返納を求めた。対象者は8月末時点で約2万1000人。約1万6600人の職員は93%が返納に応じた。一方課長級以上を経験したOBには、現職と同水準の寄付を求めた。約4500人の対象者のうち返納したのは51%だった。

社保庁は「返納の強制はできない」としており、幕を引く考えだ。返納された金額は年金特別会計に繰り入れる。

--------------------------------------------------------
社保庁職員の90%強が、賞与を自主返納したという記事です。
年金記録漏れとは、直接には関係のない職員もいると思います。
いさぎよいと感じました。




[2007/10/02 08:20] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。