スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パートタイム労働法が変わります  

おはようございます。
先日、社会保険労務士会の新年会に参加してきました。
福引大会があったのですが、なんと1等の『iPod shuffle』が当たりました!
初詣に3回行ったご利益でしょうか。


パートタイム労働法が変わります ~平成20年4月から~
パートタイマーが、より働きやすい環境を整備するために、パートタイム労働法が改正されました。

改正のポイント
①採用の際、勤務条件を文書などで明示
法律では、パートタイマーも含めて、従業員を採用する際には、勤務条件を明示することが会社に義務付けられています。特に、「契約期間」「仕事をする場所と仕事の内容」「始業・終業の時刻や残業の有無、休日・休暇」「賃金」などについては、文書で明示することが義務付けられています。

これに加えて、「昇給の有無」、「退職手当の有無」、「賞与の有無」を文書等で明示することが義務化されます。

②採用後、待遇の決定に当たって考慮した事項の説明
会社は、採用後パートタイマーから求められたときは、その待遇を決めるに当たって考慮した事項を説明することが義務化されます。
<説明義務となる事項は次のとおりです>
労働条件の文書交付等、就業規則の作成手続、待遇の差別的取扱い禁止、賃金の決定方法、教育訓練、福利厚生施設、通常の労働者への転換を推進するための措置

その他改正点については、下記のホームページにてご確認ください。
厚生労働省ホームページ




[2008/01/25 10:02] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。