スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

障害者就業支援を強化 

毎年開催されている「サラリーマン川柳コンクール」の入選100句が発表されました。
第一生命ホームページ

『定年の 延長決まり 妻元気』、『部長にも 「別に」と返事を してみたい』などなどユニークな作品が多く、仕事の合間の気分転換には、よいと思います。

NIKKEI NET 2月3日
障害者就業支援を強化・雇用義務違反企業、罰金の対象拡大  

厚生労働省は障害者や母子家庭の母親などの就職を支援するための対策を強化する。障害者の法定雇用率を満たしていない場合に罰則を科す企業の対象を拡大。「障害者就業・生活支援センター」を増設するなどして、5年間で就職者数の3割増を目指す。母子家庭の母親を正社員にした中小企業への助成制度も始める。「社会的弱者」と呼ばれる人たちの経済的自立を後押しすることで、社会保障費を圧縮する狙いもある。

厚労省は障害者雇用促進法の改正案を今国会に提出する方針だ。

同法は従業員56人以上の企業に障害者を1.8%以上、雇用するよう義務付けている。301人以上の大企業には目標に達しない場合、「罰金」も科しているが、厚労省はこの対象を段階的に101人以上の中小企業にまで広げる。

-----------------------------------------------
障害者雇用率(1.8%)を達成していない会社は、不足する障害者数に応じて1人につき月額50,000円の障害者雇用納付金を納付しなければならないこととされています。

なお、従業員数が300人以下の事業主からは、障害者雇用納付金を徴収しないことになっています。


[2008/02/06 13:58] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。