スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子育て支援計画の義務付け、社員101人以上に拡大へ  

おはようございます。
腰のあたりの大きなベルトが気になっていたので、腹筋を始めました。
スポーツジムへ行くのもよいのですが、腹筋は自宅でできるところがよいですね。
朝晩150回ずつ運動して、小さなベルトになってきました。

NIKKEI NET 2月11日
子育て支援計画の義務付け、社員101人以上に拡大へ  

厚生労働省は今国会に次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正案を提出し、従業員が101人以上の企業に子育てを支援する行動計画の策定を義務付ける。2005年4月に施行された現行法は従業員が301人以上の中堅・大企業に策定を義務付けたが、300人以下の中小企業は努力義務にとどまっていた。改正によって義務を負う企業は約3倍の4万2000社に増える。従業員が100人以下の企業は引き続き努力義務とする。


行動計画を策定する企業を増やすことで、仕事と子育てを両立しやすい環境を整備するよう促すのが狙い。計画を策定しない企業には各都道府県の労働局が指導・勧告する。
改正法の施行日は09年4月の予定で、新たに策定の義務を負う中小企業には2年間の準備期間を設ける方向だ。

----------------------------------------------
従業員が301人以上の会社は、従業員が仕事と子育てを両立させ、少子化の流れを変えるための次世代育成支援対策のための行動計画を作成することが、義務づけられています。
厚生労働省 一般事業主行動計画について

[2008/02/16 08:29] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。