スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パワハラ自殺で賠償命令 松山地裁、会社の責任認め3100万円 

おはようございます。
先日、プロのマジシャンと食事をしました。
サービス精神旺盛な方で、たくさんのテーブルマジックを披露していただきました。
プロだけあって、どのマジックもタネはわかりませんでした。
帰宅後、「あのマジックは何でだ???????」と?マークが頭に残り、全く眠ることができず、なんとか一つタネがわかった所で、就寝できました。
そのマジックは、二桁の数字をイメージして、その数字をマジシャンが当てるというものです。
タネは、二桁の数字から、それぞれの桁の数字を引くと、必ず9の倍数になることを使ったものです。たとえば、イメージした数字が「57」の場合→57-5-7=45、「98」の場合→98-9-8=81になります。
不思議だ!と思ったのは、私だけでしょうか?
倍数と聞くと、3の倍数で有名な芸能人を連想してしまいます。

NIKKEI NET 7月2日
パワハラ自殺で賠償命令 松山地裁、会社の責任認め3100万円 道路舗装大手「前田道路」の社員だった男性=当時(43)=がうつ病で自殺したのはパワーハラスメント(パワハラ)が原因だとして、遺族が同社に慰謝料など約1億4500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、松山地裁は1日、自殺との因果関係を認め約3100万円の賠償を命じた。

 高橋正裁判長は、上司による過剰なノルマ達成の強要や執拗な叱責は「違法と評価せざるを得ない」と指摘。「自殺は予見可能だった」として会社の責任を認めた。

 パワハラによる自殺をめぐっては昨年、医薬品販売会社員の自殺を労災と認定した東京地裁判決が確定。遺族の弁護士によると、損害賠償を命じた判決は珍しいという。

 判決によると、男性は2003年4月に東予営業所(愛媛県西条市)所長に就任。架空出来高の計上などの不正経理をし、発覚した。上司らは是正のため男性に過剰なノルマ達成を強要、「会社を辞めても楽にはならない」などと何度もしかった。男性はうつ病を発症し04年9月、営業所敷地内で首つり自殺した。

[2008/07/02 08:00] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。