スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今春の新入社員、独立志向が1割下回る 

おはようございます。
本日は七夕ですね。
洞爺湖サミットが今日から始まりますが、東京都心では警察官がたくさん増え、厳戒態勢が取られています。
サミットが終わっても、引き続き今の体制が取れれば、犯罪は激減すると思います。

NIKKEI NET 7月4日
今春の新入社員、独立志向が1割下回る 産能大調べ  
産業能率大学は、今春入社の新入社員を対象とするアンケート調査をまとめた。それによると、独立志向のある人は8.9%にとどまり、2000年度調査で質問を始めて以来、初めて1ケタに落ち込んだ。終身雇用を望む人の比率も66.4%と07年度に次ぐ高水準となり、「安定した会社生活」を望む声が目立った。

仕事と私生活のバランスについて希望を尋ねたところ、「若手社員」の時は77.0%が「仕事優先」もしくは「どちらかといえば仕事優先」と回答。ただ、「中堅社員になったら」では65.4%、「管理職」では55.4%に減り、年をとったら私生活を優先したいという姿勢がみられた。定年退職に関する質問では、「60歳で退職したい」という人が前年度より3.7ポイント増えて32.6%となった。

産能大は今年の新入社員の傾向を「組織のいいとこ取りを望む、すねかじり気質」と評している。

------------------------------------------------
終身雇用を望む人の比率が高いという記事ですが、企業の存続が難しい時代ですので、新入社員の方には、エンプロイアビリティ(個人の雇用されうる能力)を高める必要があると考えます。


[2008/07/07 09:06] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。