スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年金受給額、物価上昇でも据え置き 来年度 

おはようございます。
昨日は、競泳の男子100メートル平泳ぎで北島康介選手が、世界新記録で優勝し、金メダルを獲得しました。
日本中が「北島選手なら金メダルを取るだろう」というプレッシャーがあったと思います。
アテネ五輪後は、ケガや目標を見失ったことにより、成績不振が続いていたと報道されていました。
レース終了後のインタビューでは、目に涙を浮かばせていた姿を見て、私まで涙腺がゆるくなりました。
「チョー気持ちいい」は何回聞いても、良いですね。

NIKKEI NET 8月11日
年金受給額、物価上昇でも据え置き 来年度
物価上昇の局面にもかかわらず、厚生労働省は公的年金の受給額を来年度予算の概算要求段階では据え置きを前提とする方針を固めた。過去の物価下落時に年金額を下げなかった特例分を差し引かなければならないうえ、物価の上昇ほど年金額を増やさない「マクロ経済スライド」と呼ぶ調整が働くためだ。ただ、与党内には年金生活者への配慮を求める声もあり、決定までには曲折も予想される。

公的年金は原則として毎年1月、前年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む)を反映し、4月以降の受給額を決めている。2008年度の受給額は07年平均の消費者物価が横ばいだったため、07年度と同じ水準に据え置いた。基礎年金を含む厚生年金の夫婦2人分の標準的な年金額は月23万2592円だ。



[2008/08/12 08:29] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。