スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

厚生年金記録、改ざんの疑い6万9000件 

おはようございます。
台風13号が関東に近づいているためか、今日の東京は雨の一日となりそうです。
21日(日)に、(株)日本法令主催の労働・社会保険手続セミナーで、講師を務めることになりました。
保険給付についての講義なのですが、最近は法律改正が頻繁に行われているので、漏れがないかチェックしています。

NIKKEI NET 9月18日
厚生年金記録、改ざんの疑い6万9000件
厚生年金の算定基礎となる標準報酬月額(月給水準)の改ざん問題で、社会保険庁は18日、改ざんが疑われる事例が約6万9000件あったと発表した。ただ1986年以前の改ざん事例は拾えないなど抽出条件が限定されており、実際の改ざん数はさらに増える可能性が高い。

総務省の年金記録確認第三者委員会が不適正な処理の可能性が高いなどと指摘した88件の約9割が、(1)標準報酬月額の引き下げ処理とほぼ同時に加入資格が消された(2)30等級に分けられる標準報酬月額が五等級以上下げられた(3)6カ月以上さかのぼり記録が訂正された――の三条件に該当する。社保庁はこの三条件でコンピューター上の記録1億5000万件を検索し、約6万9000件が改ざんが疑われる件数と認定した。


[2008/09/19 08:35] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。