スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

労働基準法改正案が参院厚労委を通過  

おはようございます。
今年も新語・流行語大賞が発表されました。
トップ10を見てみると『名ばかり管理職』『後期高齢者』と社会保険労務士に関係するものが2つも入賞していました。
個人的には『上野の413球』が今年は一番印象に残っています。

さて、世間一般にはあまり浸透していないようですが、労働基準法が平成22年4月から変わります。
大きなポイントとしては、社員に残業させたときの割増が、月60時間超の残業に対して50%を支払うことが義務化されることです。(現在は何時間残業させても25%)

NIKKEI NET 12月2日
労働基準法改正案が参院厚労委を通過
参院厚生労働委員会が2日、「月60時間超」の残業時間に50%以上の割増賃金率を義務づける労働基準法改正案を採決、可決した。5日分までの年次有給休暇を日単位でなく時間単位で取得できるようにもなる。長時間勤務を是正し、仕事と生活の両立を促す。施行時期は2010年4月1日。


[2008/12/03 08:26] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。