スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雇用保険法の改正案 

おはようございます。
先週ヤマハ発動機(株)顧問の長谷川武彦氏の講演会に行ってきました。
学生時代から2輪車好きだったため、講演会の話が来た時はすぐに申し込みました。
(SUZUKI・HONDAしか所有したことはありませんが・・・。)
講演会では、二輪レースチームの監督でマン島TTレースを戦っていた時の話やトヨタ自動車と「トヨタ2000GT」を共同開発した話など、とても参考になりました。
また、経営に関する話では、チャールズ・ダーウィンの名言
『生き残る種というのは、最も強いものでもなければ、最も知的なものでもない。
最も変化に適応できる種が生き残るのだ。』

を取りあげ、変化はチャンスととらえるプラス思考が大切であることを学びました。

雇用保険法の改正案が発表されました。
厚生労働省ホームページ
現行では、雇止めされた場合に失業手当をもらう要件が、雇用保険に入っていた期間が「1年以上」必要となっていますが、これを「6ヵ月以上」と緩和して、解雇・倒産による退職の場合と同じとすることや、失業手当をもらえる日数についても、解雇・倒産による退職の場合と同様の手厚い扱いとすることなどが検討されています。


[2009/01/13 09:27] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。