スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

低年金対策の検討明記 厚労省方針、国庫負担上げ法案に 

おはようございます。
毎日寒い日が続きますね!
皆様お体ご自愛ください。

NIKKEI NET 1月16日
低年金対策の検討明記 厚労省方針、国庫負担上げ法案に 
厚生労働省は基礎年金の国庫負担を引き上げるため今国会に提出する法案について、低年金者対策など将来の制度改革の検討を明記する方針を固めた。政府が昨年末に閣議決定した税制改革の「中期プログラム」に沿い、必要な安定財源を確保したうえで、基礎年金の「最低保障機能の強化」などの改革課題の具体化をめざすという規定を盛る方向だ。

基礎年金の国庫負担割合は現在、3分の1強で、これを今年4月から2分の1に引き上げるには約2兆3000億円の財源が要る。向こう2年間は財政投融資特別会計の「埋蔵金」をつなぎの財源として使い、その後は税制抜本改革によって必要な安定財源の確保をめざすことになっている。


[2009/01/16 08:48] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。