スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

定年後の継続雇用、過去最低に 09年厚労省調査 

おはようございます。
東京は秋晴れが続いています。
食欲の秋!
新米や脂がのったサンマなど最高です!!

NIKKEI NET 10月21日
定年後の継続雇用、過去最低に 09年厚労省調査
景気低迷が高齢者雇用に影響を及ぼしている。厚生労働省が20日まとめた60歳以上の雇用状況調査によると、定年到達予定者のうち「継続雇用」の割合(従業員51人以上)は2009年6月1日時点で70.4%と前年比2.9ポイント低下し、前年と比較可能な調査を始めた06年以降で過去最低となった。足元の収益悪化などから、雇用に慎重になっている企業が増えつつあるようだ。

継続雇用予定者数は29万7325人。前年に比べ1万8927人減った。雇用が継続されるかどうか「未定」と答えた企業従事者の割合は全体の9.0%と3.0ポイント上昇。厚労省は「景気後退の影響もあり得る」と指摘する。

一方、希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は1.4ポイント上昇し40.4%。60~64歳の常用労働者数は142万人と13万人増、65歳以上も54万人と5万人増えた。


↓励みになりますのでポチっとクリックお願いいたします。

[2009/10/21 09:33] 人事労務情報 | トラックバック(-) | コメント(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。