スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高額医療費の払い戻し 

最近、PSEマークという言葉をよく耳にします。
このマークがついていない電気製品は、4月以降販売することができなくなります。
これは電気用品安全法という法律で、2001年の4月に、すでに決められていたそうですが、こんな法律できてたの?と思ったのは、私だけではないハズです。
この法律により、リサイクルショップでは「在庫の半数が、売れなくなり廃棄するしかない」とも聞きました。
まだまだ使える家電があると思うので、廃棄するのはもったいない話です。

asahi.com 3月9日
高額医療費、払い戻しの申請もれに通知書 政管健保

社会保険庁は、一定額以上の医療費を支払ったときに払い戻しを受けられる「高額療養費制度」の申告漏れが多いため、4月から対象者に申告できることを通知することを決めた。社保庁が運営する政府管掌健康保険(政管健保、中小企業の会社員ら約3600万人)加入者へのサービス。社保庁は、制度自体を知らない人も多いとみており、制度解説のチラシなどと一緒に該当する患者に「申請案内」を順次送る。


社保庁は上限を超えるケースが03年度で約179万件あったとみているが、実際に還付されたのは約110万件。残り約70万件は還付の申請がされていなかった。これまでは対象者に通知するかどうかは各地の社会保険事務所で対応がばらばらで、同庁の事業運営評議会が統一するよう求めていた。

同制度は、1カ月に支払った医療費が自己負担の上限額を超えた場合、後から払い戻される仕組みで申請期間は2年。上限額は所得や年齢で異なる。一般的な所得の70歳未満の人なら、7万2300円+医療費の1%。胃がんで30日入院して約150万円かかった場合、月額上限は約8.5万円になり、それを超えた分が払い戻される。

[2006/03/10 09:06] 人事労務情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matsushima.blog20.fc2.com/tb.php/74-c61189be











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。